弁理士クラブ 研修会開催案内

講座名:米国特許明細書作成と審査手続の戦略(欧州と日本の視点を踏まえて)


 本研修では、米国特許弁護士により、米国特許出願明細書作成の際のポイントを審査手続上重要な点を中心に解説し、それらのポイントについての、米国と、欧州及び日本における違いをご説明します。
 また、米国、欧州、日本におけるギャップを埋め、米国、欧州、日本の各特許法の全てに対応するような出願明細書を作成するための戦略的なアドバイスをお話します。

 セミナーは英語ですが、日本語による要訳を提供し、日本語での質問が可能となるよう配慮しますので、英語に自信がない先生でも気軽にご参加下さい。
 米国特許の審査実務の「今」を知るよい機会になります。

 また、弁理士クラブでは、2017年4月以降に弁理士登録をされる方へ、受講料の軽減措置(2017年8月末迄の期間限定)を設けていますので、奮ってご参加ください。


【講師】米国特許弁護士 Mr.Harris Wolin (Myers WolinLLC)
    米国特許弁護士 Mr.Brian Myers (Myers WolinLLC)
    日本弁理士 Mr.Akihiro Matsuya(Myers WolinLLC)


*この研修は日本弁理士会の継続研修として申請していません。

id開催日時申込締切日研修内容、講師名、会場取得単位受講料
1022017/04/20 18:30~20:402017/04/17 【研修内容】米国特許明細書作成と審査手続の戦略(欧州と日本の視点を踏まえて)

【講師名】(米国特許弁護士)Mr.Harris Wolin (Myers WolinLLC) 他2名
【会場】弁理士会館2階 2-A・B合同会議室
04000円(弁理士クラブ会員:2000円)※詳細別途記載

※対象
弁理士以外の参加も可能

※日時注記
終了時刻は予定となり10分程遅くなる場合もあります。

※注記
【受講料】弁理士クラブ非会員:4,000円(2017年4月以降弁理士登録者:3,000円)
弁理士クラブ会員:2,000円(2017年4月以降弁理士登録者:1,000円)
2016年弁理士クラブ口述練習会参加者:3,000円(注1)
弁理士クラブ紹介者:3,000円(注2)

(注1)申込フォームの自由記入欄に「2016年口述練習参加」とご記入ください。申込時にご記入のない場合、非会員受講料でのご参加となります。
(注2)参加申込フォームの自由記入欄に紹介者である弁理士クラブ会員名をご記入ください。申込時にご記入のない場合、非会員受講料でのご参加となります。

※この研修は日本弁理士会の継続研修として申請していません。
※当日弁理士クラブに入会していただいた場合、弁理士クラブ会員の受講料で受講していただけます。

弁理士登録番号のない参加希望者は下段お申込みフォームの登録番号欄には半角で0を5つ、00000と入力の上、お申込みください。

お申し込みフォーム(※は必須項目です)

非会員

半角5桁で入力してください。
例:1111→01111