弁理士クラブ 研修会開催案内

講座名:判例の読み方と判例紹介 ~ “読み方”の解説と知財高裁大合議判決への応用 ~

 裁判例を参照することは知的財産権法の条文の意味を理解し、具体的な適用を検討する上で大変重要です。また、裁判例を継続して追うことで、出願の審査や侵害訴訟における裁判所の判断の流れを知ることができます。中には、審査基準の改定の契機となる裁判例もあるため、これらを知ることは実務において必要不可欠です。
 本研修では、「裁判例の読み方」について解説した後、解説内容を踏まえて、具体的な裁判例について解説します。「裁判例の読み方」では、特に初学者の方向けの内容を解説するとともに、経験を積んだ方も目から鱗が落ちるような内容をお伝えします。
 そして、ご説明した読み方に沿って、存続期間が延長された特許権に係る効力に関して争われた大合議事件、平成28年(ネ)第10046号(オキサリプラティヌムの医薬的に安定な製剤事件)について解説いたします。

 弁理士クラブでは、2017年4月以降に弁理士登録された方へ、受講料の軽減措置(2017年8月末迄の期間限定)を設けていますので、奮ってご参加ください。
 
 なお、この研修は日本弁理士会の継続研修として申請中です。この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2単位が認められる予定です。15分以上の遅刻をした場合には、受講したものと認められません。公共交通機関の遅延、自己の行為に起因しない理由であっても、受講したものと認められませんので、時間に余裕をもって会場にお越しください。また、中座、早退の場合については、時間にかかわらず、受講したものと認められません。

<追記>飛び込み参加(当日参加)可能です。フォーム受付は終了しておりますが、まだご参加いただけます。ご参加の際は、できましたら事前に弁理士クラブ事務局まで参加者氏名、弁理士登録番号をお知らせください。弁理士クラブ事務局メールアドレス jimukyoku@benku.org

id開催日時申込締切日研修内容、講師名、会場取得単位受講料
1052017/06/19 18:30~20:402017/06/13 【研修内容】判例の読み方と判例紹介 ~ “読み方”の解説と知財高裁大合議判決への応用 ~

【講師名】弁理士 奥川勝利 氏  弁理士 澤田 孝之 氏
【会場】弁理士会館2階 2-A・B合同会議室
24000円(弁理士クラブ会員:2000円)※詳細別途記載

※対象
弁理士以外の参加も可能

※日時注記
終了時刻は予定となり10分程遅くなる場合もあります。

※注記
【受講料】
弁理士クラブ非会員:4,000円(弁理士登録番号20959以降の方:3,000円)
弁理士クラブ会員:2,000円(弁理士登録番号20959以降の方:

お申し込みフォーム(※は必須項目です)

非会員

半角5桁で入力してください。
例:1111→01111