弁理士クラブ 研修会開催案内

講座名:米国特許最新情報

 昨年から今年にかけ特許に関する多くの特許重要事件が米国裁判所で判断され、また近年審査手続きも変わりつつあります。本研修では、消尽論に関するImpression ProductsInc. v. Lexmark International Inc. 最高裁判決、ラッチェスに関するSCA Hygiene Products Aktieblog v. First Quality Baby Products 最高裁判決、AIAの下のOn-SaleBarに関するHelsinn Healthcare S.A. v. Teva Pharms.USA Inc.連邦巡回控訴裁判所判決などの重要な判決を紹介し解説するとともに、2018年5月9日に提案された米国特許庁審判部におけるクレームの解釈基準案の解説、また近年増加している、means plus functionクレームの拒絶(米国特許法第112条(f)項)あるいは特許で保護されるべき主題ではないとする拒絶(米国特許法第101条)を受けた場合の考え方等、最新の米国特許情報を紹介いたします。

 この研修は日本弁理士会の継続研修として認定を受けています。この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2単位が認められます。15分以上の遅刻をした場合には、受講したのものと認められません。公共交通機関等の遅延、自己の行為に起因しない理由であっても、受講したものと認められませんので、時間に余裕をもって会場にお越しください。また、中座、早退の場合については、時間にかかわらず、受講したものと認められません。

id開催日時申込締切日研修内容、講師名、会場取得単位受講料
1142018/06/13 18:30~20:402018/06/06 【研修内容】米国特許最新情報

【講師名】米国特許弁護士 今泉 俊克 氏
【会場】弁理士会館2階 2-AB会議室
24000円:弁理士クラブ会員以外(注記欄参照)

※対象
弁理士以外の参加も可能

※日時注記
終了時刻は予定となり10分程遅れる場合があります。

※注記
【受講料】弁理士クラブ会員:2000円 弁理士クラブ非会員:4000円 弁理士クラブ会員の紹介者:3000円(*)
*弁理士クラブ会員の紹介者は下段申込みフォームの自由記入欄にご紹介した弁理士クラブ会員名をご入力ください。入力の無い場合は、非会員受講料でのご参加となります。

弁理士登録番号をお持ちではない参加希望者は登録番号欄には半角で0を5つ、00000と入力の上、お申込みください。

お申し込みフォーム(※は必須項目です)

非会員

半角5桁で入力してください。
例:1111→01111